病院のご案内

H27病院指標



平成27年度 市立御前崎総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 25 44 64 154 259 288 78

当院で入院治療を実施し、退院した患者さんの年齢構成としては70歳以上の患者さんが全体の67%以上の構成比率となっています。

年齢層別では80歳以上の患者さんが最も多くなっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

◆内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 60 34.72 14.34 6.67 77.45
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 29.15 21.69 0 85.2
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 22 31.23 18.99 0 80.86

最も多い症例としては肺炎、気管支炎などの呼吸器系疾患を伴う患者さんで60件となっています。喉のつまり等から発症する誤嚥性肺炎が続いて41件と多くなっています。年齢構成としては平均77歳以上の患者さんの入院構成となっています。

◆外科 

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 14.67 9.17 0 75.75
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.91 - -
060020xx01x1xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 1あり - - 37.09 - -

取り扱い症例としてはヘルニアの記載のない腸閉塞(腸管が詰まる疾患)での入院患者さんが12件となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

◆脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 28 6.86 11.84 0 49.04
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 11 4.18 9.53 0 61.36
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11 - -

当院の脳神経外科では脊椎疾患の取り扱い症例が多く、椎間板ヘルニアでの内視鏡を使用した手術による症例が大半を占めます。内視鏡下の椎間板摘出術の平均在院日数が全国より短いです。平均年齢は49.04歳となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

すべて10未満の患者数となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

※UICC病期分類・・・がんの進行度を判定する基準として国際対がん連合(UICC)が採用しているがんの分類基準

stageⅠ・・・がんが原発臓器のみに限局して発症

stageⅡ・・・リンパ節転移を伴うが、隣接臓器への浸潤なし

stageⅢ・・・隣接臓器への浸潤があるが、遠隔転移なし

stageⅣ・・・遠隔転移あり

stageI→stageⅣに進むほど進行度が高いことを示します

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 12 11.92 72.42
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

重症度1(軽症)の成人市中肺炎の患者さんの受け入れが主となっています。平均在院日数は11.92日、平均年齢は72.42歳となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作
及び関連症候群
3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における
脳の血管(性)症候群
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 32 140.72 75.94 7.69
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

症例としてはI63$脳梗塞の取り扱いが主となっています。平均年齢は75.94歳となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

◆外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 23 1 6.39 0 71.83
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -

鼠径部からヘルニアなどを治療する手術をする症例を主としています。平均術後日数は6.39日、平均年齢は71.83歳となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

◆脳神経外科 

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 後方摘出術 等 24 1.83 4.83 0 49.58
K1344 椎間板摘出術(経皮的髄核摘出術) 等 - - - - -
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 - - - - -

内視鏡を使用した椎間板の切除(摘出)による手術を主としています。平均術後日数は4.83日、平均年齢は49.58歳となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

 ◆泌尿器科 

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 10 1 3.4 0 78.4
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの - - - - -
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -

膀胱にできた悪性腫瘍(癌)に関する手術の実施を主としています。平均術後日数は3.4日、平均年齢は78.4歳となっています。(患者数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 1.29
異なる 23 2.48
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

この項目は入院中における感染症や合併症の発生率を示すものです。当院では敗血症において入院契機の発症として発生率が同一の場合1.29、異なる場合が2.48となっています。(症例数が10未満の数値の場合はー(ハイフン)表示としてあります。)

更新履歴