健診センター

単独検診について

単独検診

「最近、自分の体が気になる方」、「会社の定期健診だけでは」、「人間ドックでは料金が高いから」、と思う方にお薦めです。

乳腺超音波検査

乳腺超音波検査(乳腺エコー)とは、乳腺用の超音波診断装置を用いて、しこり(腫瘤)が良性か悪性か調べる検査です。
乳がんや乳腺症、乳腺のう胞、良性腫瘍などの乳房異常を発見できます。特に、乳腺組織の発達している40歳未満の方に適した検査です。超音波を使用しているためX線のような被爆はありません。したがって、安心して検査を受けることができます。
当センターでは女性の臨床検査技師※1が行ないます。
※1  超音波検査士(学会認定)有資格者の指導のもとで検査をしています。

検査方法

上半身裸でベットに仰向けになって頂きます。
乳房に専用のゼリーをつけ超音波を出す探触子(プローブ)をあてて画像を出します。
痛みや害はありません。
個人差はありますが、検査時間は15分程です。

検査日時

ご相談ください。

注意事項

妊娠中や授乳中の方は乳腺が張っているため正確な診断が出来ない場合があります。

動脈硬化検査

動脈の硬さの程度と動脈の詰まりの程度がわかります
日本の3大死因は『がん』『脳血管疾患』『心疾患』です。なかでも脳血管疾患と心疾患は、いずれも動脈硬化が原因です。
動脈は、内膜・内弾性板・中膜・外膜で構成され、心臓が強い力で押し出した血液が流れるので弾力性と柔軟性を持ち合わせています。ところがこの動脈の層が厚くなったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失なった状態を動脈硬化と言います。
動脈硬化は、自覚症状のないまま進行していき、症状が現れた時にはもう手遅れになることがあります。
自分の血管の健康状態を知っておくことが動脈硬化の予防につながります。

動脈硬化検査

動脈硬化検査

検査方法

検査時間は、準備を含め15分程度です。両手、両足首の4箇所の血圧を同時に測定するだけので、ほとんど痛みはありません。

検査日時

月・水・木曜日 午前10:00~11:30

注意事項

不整脈がある方は出来ないことがあります。

内臓脂肪量検診

内臓脂肪検査

内臓脂肪検査

メタボリックシンドローム(単にメタボとも)とは、内臓脂肪型肥満(内肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。
静岡県の人口で推計すると50歳~60歳代の男性に多く、県民のおよそ8人に1人は内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)ということに脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪があり内臓脂肪の方が生活習慣病と密接に関係していることが分かっています。しかし、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方がつきやすく、落としやすい脂肪としても知られていて、早期に発見し早期に対応することで動脈硬化などの原因になりやすい内臓脂肪を落とし、重病になることを防ぐことができるのです。

検査方法

CT装置でへその高さの断面を撮影し、皮下脂肪と内臓脂肪を分離計測して内臓脂肪量を計算します。

検査日時

水・木曜日 午後14:00~16:00

注意事項

妊娠中の方や1週間以内にバリウム検査をした方は検査できません。

骨密度検診

骨密度検査

骨密度検査

骨粗しょう症は、長年の生活習慣などにより骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。最初は、自覚症状はありませんが、腰や背中に痛みが生じて医師の診察を受けてからみつかります。ひどくなると骨折を起こし、寝たきりの原因となる場合もあります。骨粗しょう症になってから治すのはたいへんです。骨粗しょう症にならないように、日ごろから予防を心がけることが大切です。
骨粗しょう症を予防するためには自分の骨密度を知ることが大切です。骨密度とは、一定の体積あたりの骨量(骨のミネラル成分の量)のことです。

検査方法

15分程、ベットの上で動かずに寝て頂くだけで測定できます。
全く痛みはありません。

検査日時

火~金曜日 午後14:00~16:00

注意事項

妊娠中の方や1週間以内にバリウム検査をした方は検査できません。

CT肺がん検診A・B

CT画像

CT画像

肺がんは年々増加しており、1998年から、がん死亡率第1位です。
通常肺がん検診は、胸部写真と喀痰細胞診で行っていますが、胸部写真と比べCT検査の方が小さい肺がんが発見できることや肺の見えないところが無いため見落とされる可能性が少ないという理由で、CTが肺がん検診で使われるようになってきました。また、通常の肺CT検査より10分の1程度まで下げた放射線の量で検査をしますので被ばくも少なくてすみます。

コース

肺がん検診A … 問診・診察 + 胸部低線量CT検査
肺がん検診B … 問診・診察 + 喀痰細胞診 + 胸部低線量CT検査

検診をお受けいただきたい方

  • すべての年齢(ガイドラインでは50歳以上の人)
  • 喫煙係数600以上の人 (喫煙係数=タバコ1日の本数×年数)
  • せき、たん、胸痛が一ヶ月以上続いたり、血たんの出るの人
  • 重クロム酸、石綿、硫酸ピッチなどを取り扱う業務に従事する人 、または従事したことがある方
  • 3親等以内にがん患者がある人

検査方法

CT(コンピュータ断層撮影)装置で胸部の連続した断面像を撮影します。1回(約15秒)息を止めていただくことで、肺全体の撮影が可能です。 検査時間は5分程度です。

注意事項

妊娠中の方や1週間以内にバリウム検査をした方は検査できません。

睡眠時無呼吸症候群簡易検査

睡眠時無呼吸症候※1は交通事故の原因、生活習慣病との関連が指摘される病気として注目を浴びております。睡眠時無呼吸症候群とは気道の閉塞などが原因で眠っている間に繰り返し呼吸がとまったり、イビキが起こったりすることで、昼間の眠気や集中力の低下をもたらす病気です。
睡眠時無呼吸症候群は、適切な治療をうけさえすれば、改善できる病気でもあります。
※1 閉塞型睡眠時無呼吸症候群

検査方法

ご自宅で睡眠中に検査します。
腕に検査器具(パルスオキシメーター)を巻いて動脈血酸素飽和状態を測定し、鼻に鼻呼吸センサーを着けて呼吸状態を測ります。

物忘れ検診

物忘れ検診とは早期のアルツハイマー型認知症を発見する為の検診です。
現在、85歳以上の4人に1人が認知症だと言われていますが、アルツハイマー型認知症は50代の若い方にも発症します。
最近は、薬である程度改善したり、進行を遅らせることができます。
検診では症状が現れる前に早期発見し対応する事を目的とします。
2009年4月よりMRI検査の解析ソフトVSRADが入りました。現在、脳外科外来
で週に1~2件のペースでVSRADの検査が入ります。
当健診センターでは物忘れ検診として新しく始めました。

対象・方法

50歳以上の方、脳ドックの追加検査です。MRI検査で撮影したMRI画像を用いて
脳の海馬傍回の萎縮の程度から統計解析して認知症の診断を行なう検査です。

50歳未満の方は、データが少なく解析困難のため推奨されません。

料金

脳ドック料金に5000円の追加でできます。

コース 合計金額(税込)
物忘れ検診+脳Bコース ¥25,000
物忘れ検診+脳Aコース ¥30,000

MRIの検査内容と時間

頭部単純MRI +MRA : 約30分
VSRAD: 約10分(解析に20分掛かります。)

X線を用いた検査について

X線という放射線を利用して行う検査

胸部X線撮影…約0.1mSv
マンモグラフィ…1mSv以下
CT撮影…1.3mSv以下
上部消化管撮影(バリウム検査)…4.0mSv以下
骨密度測定…約0.042mSv
実は、放射線は自然界にも存在します。X線を使った検査を受けていない人でも、普通に生活していれば大地や空気・宇宙などからの「自然放射線」で1年間に2.4mSv(ミリシーベルト)程度受けています。
人体が大量に放射線を受けて影響が出るのは、200mSvを超える量と言われています。

影響

医療施設で行われるX線量はごくわずかですので、ご心配はいりません。
繰り返しの検査の場合は特に白血病やガンに対する不安を強く感じる方が多くいらっしゃいますが、1回のX線量がわずかであり、かつ人間に備わった回復力がありますので大丈夫です。X線をあびるわずかなリスクと検査で得られる情報の重みとを考え合わせたとき、検査を行う価値の方が非常に高いので、全世界でX線を使用した検査が行われているのです。当センターでは、妊娠中や妊娠の可能性のある場合、X線を用いた検査は行なっていません。
医師や放射線技師も、できるかぎり少ないX線量で検査が終了できるように注意・努力してまいります。