各部門のご案内

胃がん検診専門技師

現在、わが国におけるがんは増加し続け死因の第一位を占めています。胃がんはがんの中で罹患率、死亡数も高いのが現状です。
胃X線検査=バリウム検査の有用性は研究により死亡率減少効果があることが示され、胃がんで死亡するリスクは半減すると考えられています。そのため胃X線検査(バリウム検査)の重要性はおおいに高いと考えられます。
胃がん検診専門技師認定制度は消化器がん検診の精度管理の充実と検診精度向上させるために、医師・放射線技師がより高い教育研修・検診技術の習得によって、より精度の高い安定した消化器がん検診の普及を実現し、ひいては消化器がんよる死亡数の減少に寄与することを目的としております。
今後も、皆様が安心して胃X線検査(バリウム検査)を受診できるように努めてまいります。

胃がん検診専門技師認定ポスター

胃がん検診専門技師認定書