各部門のご案内

薬剤科

部門紹介

病院の薬剤師がどんな仕事をしているか、皆さまはご存じでしょうか?
薬剤師は、医薬品の専門家として他部門と連携をとり、医薬品に関する様々な業務に責任を負い、チーム医療の一員として、薬物療法の面から医療に貢献できるよう心掛けています。
当院では、約1400品目の医薬品を採用しています。これらの医薬品が患者さまに安全かつ適正に使用され、十分な治療効果が得られるよう日々努めています。
薬剤科・病院薬剤師の仕事を少しでも知っていただきたく、当院薬剤科の業務を紹介いたします。

薬剤科集合写真2016.5.17

スタッフ紹介

  • 薬剤科 科長  松下 一也
  •  薬剤師 8名
  •  補助員 1名

資格取得等

日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師 3名
認定実務実習指導薬剤師 4名
糖尿病療法指導士 1名
健康食品管理士 1名
リウマチ財団登録薬剤師 2名
抗菌化学療法認定薬剤師 1名

業務紹介

調剤業務

医師の発行する処方せんに基づき、主に入院患者さんの内服薬・外用薬の調剤をしています。単に処方せんの記載どおりに調剤するだけでなく、処方の内容(薬品名、用法・用量、日数、併用禁忌、相互作用、重複投与など)を監査し、薬の適正使用に努めています。

製剤業務

当院独自の処方からなる薬や、治療に有効で必要ではあるが市販品にない薬を、医師のニーズに応じて、注射薬、吸入液、軟膏、点眼液、含嗽液、洗浄液、内視鏡用色素液などを調製しています。

注射業務

入院患者さんに使用される注射薬を、患者さん毎の注射処方せんに従って調剤し、注射薬の組合せや投与量、投与方法をチェックしています。また、一般の輸液をはじめ抗癌剤や高カロリー輸液の調製を専任の薬剤師が無菌的で、かつ安全環境の中で調製しています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんが、自分の病気についてよく理解し、正しい治療を受けていただくためには「お薬の正しい知識・使い方」の理解が欠かせません。病棟薬剤師は、患者さんのベットサイドに伺い、内服薬・外用薬・注射薬の説明をはじめ、副作用のチェック等も行い、薬の効果を最大限に発揮し、副作用は最小限に抑えるために、他の医療スタッフと協力して、医薬品の適正使用に努めています。

医薬品管理業務

薬剤管理システムによる在庫管理を行っています。薬品出庫時、薬品管理システム付属のバーコードリーダーで読みとり、出庫数を入力し、当日に使用した薬品のデーターを各薬品卸業者にオンライン発注しています。薬品の納品時には検収を行い、薬品名、規格・包装単位などの確認、使用期限などをチェックしています
患者様が安心して使用していただけるよう、薬の使用期限や品質に影響を及ぼす温度・湿度・光などには注意して管理し、品質の確保に万全を期しています

医薬品情報管理業務

医薬品情報室を設け、医薬品メーカー、厚生労働省などからもたらされる医薬品に関する様々な情報を収集・整理、院内医薬品集の作成、特に副作用についての情報・緊急安全性情報の医師への伝達、薬剤科DIニュースの発行など、医薬品情報を確実に提供していくことによって、適正な薬物療法に貢献しています

業務実績

平成24年度 平成25年度 平成26年度
薬剤管理指導件数 3462 2628 2186
退院時服薬指導件数 906 798 470
麻薬管理指導件数 151 156 148
外来化学療法混注数 1462 1377 988
IVH調整件数 628 918 934