部門紹介

1895年11月8日にレントゲン博士が未知の線「X線」を発見してから百十余年の歴史をかぞえます。それが医療に取り入れられ、現在ではコピューターを駆使した様々な装置が開発され、診断や治療の重要な役割となっています。それと同時に、放射線被ばくによる影響も解明されてきて、低線量化にむけた取り組みもされています。
他院では「放射線科」の名称が多いですが、当院では画像のスペシャリストを目指すということで、開院以来「画像診断科」としてきました。
当院は、撮影した画像はすべてデジタルになっており、各病棟、外来に配信。高精細のモニターで観察するシステムとなっていますから、患者様は撮影終了後、フィルムが出来上がることを待つことなく、外来や病棟に戻れますし、過去の画像も同時に参照できるため比較診断がとてもしやすくなっています。

スタッフ紹介
  • 画像診断科 科長  鈴木 定孝
  • 他6名
資格取得等
マンモグラフィ撮影技術認定 2名
X線CT撮影技術認定 2名
救急撮影技術認定 1名
肺がんCT健診技術認定 1名
放射線管理士認定(日本放射線技師会) 2名
放射線機器管理士認定(日本放射線技師会) 1名
医用画像管理士認定(日本放射線技師会) 1名
放射線被ばく相談員(日本放射線技師会) 1名
胃がん検診専門技師認定 3名
Ai認定診療放射線技師 1名
医療情報技師 1名