ご案内

内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ等)検査はこれまで主に病気を発見し、治療に結び付けるための架け橋的な存在で、早期の胃癌や大腸癌が発見できるようになり、患者さんの予後(治療後の余命)を改善するのに貢献してきました。

最近では検査だけでは無く、様々な処置が内視鏡を用いて行われるようになっています。以下、どのような処置(治療)が行われているか、簡単にご説明します。

  • PEG(内視鏡的胃瘻造設術)…口から食物を食べられない方に、胃にチューブを挿入し、チューブから流動食を摂取できるようにするものです。脳梗塞等で寝たきりになり、自分で食事が出来ない方等に行われます。
  • 内視鏡的止血術…胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの出血をクリップや薬剤を使って止める処置です。
  • 早期がんの切除…ポリープ型のがんを切除するポリペクトミー、平坦型のがんを切除するEMR(内視鏡的粘膜切除)、ESD(内視鏡的粘膜下切除)等早期のがんを開腹手術を行わずに、内視鏡で切除します。
  • EST(内視鏡的乳頭切開術)…十二指腸にある胆汁の出口を内視鏡で切開し、胆管に詰まった結石を除去します。
  • ステント留置…がんなどによって狭くなった食道や胆管に形状記憶合金を挿入して広げることにより、食物を通過できるようにしたり、胆汁が流れるようにしたりします。
  • 食道静脈瘤の硬化療法・結紮術…肝硬変に合併する食道の静脈の拡張を、薬を注入したり、医療用のゴムで結紮(しばる)して出血しないようにします。

例えば、実際に当院で行った早期胃がんに対しての内視鏡切除(ESD)の写真をご説明します。

という具合なのですが、利点ばかりではなく欠点もあります。切除部分は胃潰瘍と同じ状態になり、施行後には潰瘍治療が必要になります。又、施行中に胃に穴が開いたり(穿孔といいます)、翌日出血したりすることもあります。

以上の様な内視鏡治療は、患者さんの肉体的負担を軽減するために行われるようになりましたが、通常の内視鏡検査でも患者さんの苦痛が減るようスタッフ一同心がけています。胃腸に不安のある方は一度相談してみて下さい。

外来担当医
  受付時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 予約制 藤 田 小 泉
(第1・3・5)
辻(第2・4)
尾  﨑 藤 田 小 泉
午後 予約制 藤 田 小泉・尾﨑 小泉・尾﨑 藤  田 尾  﨑

胃カメラ、大腸カメラ共に前処置が必要ですので、予約なしでの当日検査は出来ません。ただし、緊急の場合は当日行います。

診療は【予約制】となります。
基本的に午前中は胃カメラ、午後は大腸カメラとなります。
ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影…内視鏡で胆管や膵管を造影して胆石や胆嚢・胆管・膵管などにがんあるかないかを調べる)、その他内視鏡処置は随時施行しています。

お問い合わせ先:TEL (0537) 86-8511(代表)
<但し、祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休診となります>

医師紹介
氏名 職名 卒業年 専門分野 認定資格等
小泉 貴弘 副病院長 S59 一般外科
消化器外科
乳腺疾患
呼吸器疾患
日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器専門医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
藤田 昌春 内科
部長
H7 消化器内科 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
尾﨑  裕介 外科
科長
H19 上部消化器外科 日本外科学会認定外科専門医
辻    敦 非常勤 H15 消化器内科 日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医