画像検査予約について
  1. 「市立御前崎総合病院 外来受診・検査・栄養相談依頼申込書」PDFファイル/Excelファイル)にご記入いただき地域連携室にFax(0537-86-8853)で送信してください。
    *造影剤使用検査、MRIでは身長、体重が必要ですのでご注意ください。
  2. 地域連携室では予約がとれましたら、折り返し「予約通知書」をFaxで返信します。
  3. 「検査予約票」をお渡しください。
    以下のような署名が必要な検査(依頼書)では、署名をしていただいた書類もお渡しください。

    • 造影剤検査の場合は「造影剤に関する説明書・同意書」PDFファイル)、「造影剤に関する問診表」PDFファイル)をご説明いただき、署名されたものを持参させてください。
    • MRI検査では「MRI検査問診票」PDFファイル)を検査の説明とともに説明いただき、チェック医師名欄に署名をお願いします。
      *腹部検査、造影剤使用検査の場合は、食事制限の注意をお伝えください。
    • 読影依頼のある場合は「CT・MRI画像 読影依頼書」PDFファイル)にご記入いただき持参させてください。
  4. 検査当日、受診暦のある方は、「診察券」をご持参の上、総合受付へお越しいただくようお伝えください。職員が各検査室までご案内いたします。
  5. 検査終了後、結果はご希望された媒体(フィルム・CDなど)にてご本人にお渡しいたします。読影依頼の検査では、後日、フィルムあるいはCDとともに読影結果を同封して郵送いたします。
  6. 依頼検査料金は、検査日の翌月10日までに医事課よりご請求いたします。料金のお支払いはご請求月の末日までにお願いいたします。

造影剤使用検査と腎機能障害について

慢性腎機能障害や糖尿病の患者においては、造影剤の使用により腎機能障害が悪化進行することが報告されています。造影剤による腎障害の危険因子として、①200ml以上の造影剤の使用、②血清アルブミン値<3.5g/dl、③糖尿病、④血清Na値<135mEq、⑤血清クレアチニン値>1.5mg/dlが上げられており、複数の危険因子になるほど腎障害のリスクが増すと言われています。高リスクの患者では、検査前後に水分補給点滴が、そして腎障害が進行したケースでは入院治療が必要となるとされています。患者の安全を守るため造影検査依頼時には以下の点につきご配慮をお願い致します。

1)必要であれば血液検査にて危険因子の有無のご確認をお願い致します。

2)高リスクの患者は、内科外来に紹介、検査依頼してください。

3)血清クレアチニン値>2.0mg/dlの患者においては造影剤検査は禁忌ですのでご注意ください。

4)血清クレアチニン値>1.5~2.0mg/dlの患者は、水分補給点滴、使用する造影剤の量を減量させて頂きます。

以上の点につきご配慮よろしくお願い致します。