外来の役割

 外来は、病院の玄関と言われています。最初に患者様を受け入れる場所であり、病院の医療や看護の質を印象付ける大切な部署です。外来看護師には、接遇を重要視した対応と患者様の状態を瞬時に観察・察知すること、患者様のニーズに応じるための早急な判断が求められます。従って、学習会を開催し自己研鑚することで、医療の知識や技術の習得できるよう常に努力を続けています。

 リーダーナース(及びサブリーダー)を中心にチームナーシングで看護を実践しています。具体的な業務は、救急患者様の対応をはじめ、予約・初診の外来診療介助、検査・処置、自己注射指導、疾病指導、身の回りの援助、在宅介護指導、退院後の継続看護などが中心になってきます。又、24時間救急車で搬送される患者様や電話での疾病相談に応じているため、夕方から翌朝までの当直体制をとっています。