脳ドック(脳A・脳B)コース

わが国は世界上位の長寿国であり、急速に高齢化が進んでいます。その一方で、脳卒中の発生率は依然として高く、常に死亡原因の上位を占めております。
脳卒中はある日突然発病し、植物人間になったり、半身不随になったり、死亡することもある恐ろしい病気です。脳卒中には、脳動脈瘤が破裂するくも膜下出血、脳血管が詰まる脳梗塞、脳血管が破れる脳出血があります。脳にはこれらの脳血管障害以外にも、脳腫瘍、慢性硬膜下出血、痴呆(認知症)など、知らず知らずのうちにかかってしまう病気は少なくありません。脳ドックは、このような異常を早期に発見し、対策を講じて発病を未然に防ぐことを目的としています。
脳について何かご心配のある方、身内に脳の病気があり気になさっている方、痴呆(認知症)が心配だと思う方は、どうぞこの機会に脳ドックを受診なさってみてはいかがでしょうか。
当センターのMRI装置は、GE製のSIGNA(シグナ)1.5テスラです。短時間で精度の良い撮影が可能です。

物忘れ検診はじめました

早期のアルツハイマー型認知症を発見するための検診です。アルツハイマー型認知症は、薬である程度改善したり進行を遅らせることができます。
脳ドック時に追加撮影した画像を解析(VSRAD)し、脳の一部である海馬傍回の萎縮程度を調べ、症状が現れる前に早期発見し、対応することを目的としています。