MRI検査とは

MRI検査とは放射線の代わりに、磁気(磁場)と電波を用いて体内の水素原子からの情報を元に画像化する検査です。検査中はトントン、ガーガーとかなり大きな音がしますが、機械が作動している音です。
体を動かさないでいる時間が長いほかは、痛みや危険はありませんので、安心して検査を受けて下さい。
MRI検査中に熱く(もしくは暖かく)感じる場合があります。これはRF波(電波)による発熱作用が原因のひとつです。「熱い」という感覚は検査室温度やマグネット内空気の循環量、受診者自身の体調にも関係します。
それで体温が大きく上昇することはなく生体に害を及ぼす可能性は通常極めて低いと考えられています。