骨密度検診
骨密度検査

骨密度検査

骨粗しょう症は、長年の生活習慣などにより骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。最初は、自覚症状はありませんが、腰や背中に痛みが生じて医師の診察を受けてからみつかります。ひどくなると骨折を起こし、寝たきりの原因となる場合もあります。骨粗しょう症になってから治すのはたいへんです。骨粗しょう症にならないように、日ごろから予防を心がけることが大切です。
骨粗しょう症を予防するためには自分の骨密度を知ることが大切です。骨密度とは、一定の体積あたりの骨量(骨のミネラル成分の量)のことです。

検査方法

15分程、ベットの上で動かずに寝て頂くだけで測定できます。
全く痛みはありません。

検査日時

火~金曜日 午後14:00~16:00

注意事項

妊娠中の方や1週間以内にバリウム検査をした方は検査できません。